MENU

遺伝子DNA検査で肥満かどうかわかるの?

人間の特徴は全てDNAに由来します。近年、美容整形やアンチエイジングをいった外的な働きかけによって、美しさを保とうとする流がありますが、これらは本質的には何も解決できていません。何故ならこれらの行為をやめた時に、それ以前、又はそれ以上の状態になることも否定できないからです。肥満についても同じことが言えます。ダイエットをして一時的に痩せることが出来たとして、その後食生活が乱れてしまうと、リバウンドということも起こり得ます。

 

なぜ人は肥満化するのでしょうか?近年の研究で明らかになったのは、肥満の原因の30〜70%はDNAに関係するということです。基礎代謝をコントロールするための遺伝子が存在し、人によって太りやすい栄養をも異なる事がわかってきました。つまり、同じ食材を同じく接種していても、太り方には差異があるということです。

 

太りやすい栄養素は人それぞれ異なりますから、ダイエット成功者の本を読んで実践しても、必ずしも成功するとは限りません。むしろ、肥満の原因になってしまうこともあるでしょう。これらを知るにはDNA検査によって、そのタイプを判定することができます。つまり本格的にダイエットをしようとするには、DNA検査による肥満判定が不可欠ということもできます。