痛風の遺伝子検査キットについて

痛風は贅沢病といわれ、おいしいものをたくさん食べている人がかかってしまう病気と言われていますが、その発症には個人差があることで知られています。つまり、同じものを食べていても、痛風にかかる人と、そうでない人がいるというわけです。個人差があるため、気を付けているつもりの人も、痛風を発症してしまう人もいます。推奨されている食事を守っていても、確実に病気を回避できるというわけではないのです。

 

痛風には尿酸値が深く関連しているといわれています。この尿酸値が高い人が痛風になりやすいと言われていますが、どのような人が高い尿酸値を生んでしまうのかまではよくわかっていません。つまり、健康診断などの血液検査で尿酸値の高い人は気を付けてください、というレベルの予防方法しかこれまでは存在しなかったという事です。

 

しかしこれでは事故にあってから、気を付けてくださいと言っているようなものです。どのような人ならば尿酸値が高まるか、という検査ではないからです。そのような時には、遺伝子検査を実施するのが最も効果的と言えるでしょう。遺伝的に尿酸値が高まる体質である事を知っていれば、尿酸値検査をしなくても事前に気を付ける事ができます。自ずと食べるものにも気を使うようになるでしょう。